マンションを購入するなら予算を考えておこう
ロゴ

物件価格以外にも目を向けよう!マンションを契約する時の費用一覧

連帯保証人について

マンションを購入するために住宅ローンを組む際などで、連帯保証人が必要になるケースと必要でないケースがあります。それぞれのケースにはどのような違いがあるのか記載しました。

連帯保証人が必要なケースと必要でないケースの違い

連帯保証人が必要なケース

よくあるケースとして、夫婦それぞれの資金を合算してマンションを購入するケースが挙げられます。夫名義とする場合は、妻となる人が連帯保証人になります。

連帯保証人が必要でないケース

単独の名義で住宅ローンを組む場合は、連帯保証人は必要ありません。また、住宅ローンには審査が入りますが、問題なく審査が通った場合も連帯保証人は不要です。

マンションを購入するなら予算を考えておこう

マンション

契約時は必ず手付金が必要

マンション購入時には売買契約を交わすことになりますが、売買契約を交わすためには手付金を支払う必要があります。物件によって差はありますが、大体の手付金の費用は物件本体の価格の2、3割程度となります。

部屋

意外と忘れがちなのが印紙代

売買契約をするためには、必ず契約書が必要となりますが、この契約書に印紙を貼らなくてはいけません。この印紙にもお金がかかり、大体1、2万円前後になります。

お金がどのくらい必要か把握しよう

マンションを購入する時は、物件本体の価格に目がいきがちですが、それ以外にも費用が発生します。藤沢には住みやすいマンションが多く存在していますが、マンション選びで失敗しないためにも、契約する時にどの程度費用が発生するのか知っておきましょう。

広告募集中