マンスリーマンションに引っ越すうえで考えるべきこと
ロゴ

マンスリーマンションに引っ越すなら家賃を考えるべし

マンスリーマンションに引っ越すうえで考えるべきこと

マンション

家賃の上限は収入の3割を目安として考えよう

マンスリーマンションやウィークリーマンションに住むとなると、必ず家賃が発生します。家賃を支払うためには、働かなくてはいけません。収入に対する家賃の割合が大きいと生活に支障が出てきます。問題なく生活するためには、収入の3割までを目安とするとよいでしょう。なお、大阪や京都など、地域によって家賃に差がありますので、3割までとなると自身に合った物件を見つけることが難しい場合もあります。あくまでも目安として、いくらまでなら家賃を支払うことができるのか検討しましょう。

空き部屋

月々の生活費を考えよう

水道光熱費や通信費、及び食費や交際費など、日々の生活で発生する支出は家賃以外にも色々あります。これから生活をしていくなかで、一ヶ月の生活費はどれくらいかかるのか算出してみましょう。そうすれば、大体どれくらいの家賃が適切なのかある程度分かるようになります。

マンション

今後もずっと支払いが可能か考えよう

今の生活が永遠に保障されるとは限りません。ある日突然経済的に苦しい時がくるなんてことも十分に考えられます。そういう万が一なことになったとしても、問題なく支払うことができる金額かどうか考えておきましょう。

マンスリーマンションやウィークリーマンションと賃貸マンションの比較

マンスリーマンションやウィークリーマンション

申込書に必要事項を記入し郵送するだけで、契約できる場合が多いです。また家電や家具が備え付けられている物件も多数存在します。

賃貸マンション

不動産会社の店舗で契約書の必要事項を記入するという手続きになります。また連帯保証人も必須です。一部の物件では、家具や家電が備え付けられています。

広告募集中